英語は複式呼吸で話す

ネイティブに近い綺麗な発音で英語を話したければ、腹式呼吸を覚えることは必須事項です。

fukushiki

英語は日本語と違って、息をたくさん出して反す言語です。

 

何かの本か、どこかのサイトでも読んだことがあるのですが、英語圏の子どもは親にこんな感じのことを言われるそうです。

 

誕生日の一場面:ろうそくの火が消せるようにならないと、言葉が話せるようにならないよ!!

うろ覚えで申し訳ないのですが、確かこんな言い回しだったと思います。

 

つまり、息を強く出せるようにならないと、英語は綺麗な発音が出来ないということです。

 

もし、あなたが英語のフレーズを聞き流すような英語リスニング教材をもっているなら、息使いに注意して聞いてみてください。

 

異様に息を強く吐いて発音しているところを見つけることが出来るはずです。

 

ということで、実践に向けて腹式呼吸をマスターしておきましょう!!

 

日本人はあまり腹式呼吸をしないので、少し練習が必要です。

 

ヨガとかをやっている人は簡単かもしれませんね!!

 

まずは、お腹にてをあてて・・・と文章で説明してもいいのですが、分かりにくいと思うのでyoutubeで動画を見つけておきました。

 

本当は、動画をこのページに貼りたかったのですが、著作権の関係上リンクにしておきますね!!

 

いくつか見てみましたが、この動画が一番分かりやすかったです。

 

 

日本語と英語では呼吸のしかたまで違っていたんですね!!

 

これを意識して発音するようにすると、結構英語の発音がうまくいきます。

 

あとは、英語リスニングの際にネイティブの息使いをよーく研究してみてください。

 

息を強く吐いているアルファベットに気づくはずです。

 

あともう1つ

 

英語は日本語ほど息継ぎが多くありません。

 

これも呼吸法が違うからなのでしょう!!

英語の文法は基礎を

 

英語の文法に関しては、学校で習うことからも分かるように確かに重要だと思います。

9歳未満の子供でない限りは、音だけ聞いて英語を覚えるのは難しいといわれている大人は、英語のルールである英文法の学習は必要不可欠だといわれています。

 

だけど、英語が苦手な私たちにとっては、めんどくさいことばっかり書いてあるのが文法の参考書です。

 

101110_2055
とにかくめんどくさいし、何とか進行形とか過去分詞とか良く分からないし・・・・最初なんて品詞って何?でした。

 

日本語の文法も良くわかってない私が、英語の文法ができるわけないと思っていたし、読んでいてもちょっとも面白くないので、英語の文法本はいままで最後まで読んだことがありませんでした。

 

私の本棚にある文法の本は、どの本もしおりが本の真ん中よりも前にあり新品同様です。

 

それらは、このサイトで紹介すらしていません。

 

何となく文法を習う事も必要かな?と思って何冊か購入したのですが、今現在もしおりの位置は変わっていません。

 

本棚に飾ってあるだけです。

 

ですので「英語の文法なんて覚えられなくても何とかなる!!」いつも自分にそう言い聞かせていましたし、現に英語を勉強するのに英文法の学習なんて必要ないといっている人もたくさんいます。

 

なのでこのまま英文法を覚えずに行こうと思っていたのですが、文法も必要かな?と思う瞬間というか、ちょっとだけ文法が面白い瞬間があったんです。

 

torisetsu-kouryaku
それまでは、リスニングや英文の丸暗記を主に英語の勉強をしていたので、文法も何も無かったのですが、ふと手にした文法の本を見て、「おっ!!この英文のパターン知ってるんですけど!!」という事がありました。

ふむふむこの文章はこういう文法の種類だったのか!!!!

 

その日を境に文法が分かるようになっていきました。

 

本当に一気に理解する事が出来ました。

 

これはどういうことなのかといいますと、お堅い英文法の参考書を読みあさって覚えなくても、英文を覚えていく中で知らず知らずのうちにと英文法らしきものを「何となく」ですが、理解できていたのです。

 

英語の文法は最初からはじめるよりも、ある程度のフレーズが話せるようなってからの方が理解しやすいと感じた私は、その後サクッと簡単に覚えることが出来たとと言うわけです。。

 

はっきりいって英文法なんて楽勝です♪

 

何とか進行形とかそういうネーミングは覚える必要が無いのですが、実は覚えたほうが文法は理解しやすいと思います。

 

torisetsu-kan
言語学者になれるほど覚え無くてもいいので、基礎で出てくる文法用語ぐらいは覚えちゃいましょう!!。

はっきり言って簡単に覚えられます。

 

「余計なものは覚えない」「知識は浅く広く」そして「何事も楽しく」この3つが私のモットーです。

 

とうわけでくだらない記事になってしまいましたが、英語の文法は日常会話に必要な基礎だけをサクッと覚えてしまいましょう。

 

ここで私が唯一最後まで読むことが出来た文法の本を紹介したいと思います。

 

この英文法のトリセツというのですが、3種類出版されていて、3冊ともに相当分かりやすいです。

 

今まで英文法の参考書を最後まで読んだことのない私が、引き込まれて読んでいた本です。

 

3冊とも一気に読みたくなりますのでぜひ読んでみてください。

 

この英文法の本はかなり面白いので飽きずに読み進めることが出来るはずです。

 

しかも分かりやすい!!

 

最高です。

アマゾンなら送料無料の程度の良い中古が見つかるかもしれません。

 

アマゾンの中古って送料がかかるので、相当安いものを見つけないとあまり新品と変わらない値段になってしまうんですが、たまに中古でも送料無料というのがありますのでチェックしてみてください。

 

私はこの2冊半額以下で購入できましたよ!!

 

しかもとことん攻略編の方は半額以下で新品同様でした。

 

2種類の教材が用意できればベスト

初心者はまずリスニングとフレーズを強化して中級に!

 

英会話教材といっても種類は様々です。

kikum

リスニングを強化する教材、スピーキング重視の教材、英会話の学習の方法を教えてくれる教材、フレーズを覚える教材など上げればキリがありません。

 

リスニング教材1種類だけ見ても、各教材で独自のメゾットを持っていてそれぞれの特色があるので、「何を買っても同じ」というわけにはいきません。

 

中には「これ同じでしょ」と言いたくなるような「似たような教材」はあることはあるのですが、収録されている内容が違うので、より実践で使えるものを選ばなければなりません。

 

これだけ種類がある英会話教材の中から、高い金額を出して購入するわけですから慎重に選ぶ(よく調べる)ことが重要になってきます。

 

さて、ではどの英会話教材を選べばいいのか?
ということになってくるのですが、自分に足りない部分を補うことを目的とした教材から始めるようにするのが正解です。

 

しかも少しでも安いものを探すことができれば最高です!!

 

自分に足りないところなんて、英語ができないんだから全部だよ!
という声が聞こえてきそうですが、おそらくそうじゃないと思いますよ。

 

英会話の勉強をはじめようと思っても、何から始めていいか分からないだけです。

 

そして、初心者に足りないところは高確率で「リスニング」です。
英会話をしようと思っても英語が聞き取れないんです。

 

私は別ページで、英会話初心者は、「英語ペラペラを」目指さずに、取り合えずは英会話「中級」を目指しましょう!!
といっているのですが、まさにここです。

 

もちろん、自分で綺麗な発音ができなければ相手にも伝わらないので、スピーキングの練習も重要ですし、専門分野で英会話がしたいならその分野の英単語もたくさん覚える必要があります。

 

でも、それは第2段階です。

 

英語が聞き取れもしないのに、綺麗な発音ができてもどうにもなりませんし、たくさん語彙を知っていても一方的に独り言を言えるレベルだと思います。

 

聞き取れないんじゃ、キャッチボールはできません。

 

それらを一気に勉強できればいいのですが、日本人は英語が聞き取れないというハンディがあるので、まずはこれをクリアしてスタートラインにつかなけらばなりません。

 

あなたも気づいていると思いますが、英語聞き取れなくないですか?

 

人間は集中してできることは1つか2つまでです。

 

あれもこれも手を出すなら、まずは中級目指して1つか2つのことに集中したほうが絶対に上達は早いです。

 

「急がば回れ」がこれに当てはまるかどうか分かりませんが、全てが中途半端よりも、何か1つずつ確実に極めていったほうが、モチベーションも続きますし、実は近道だったりすると思います。

 

順番で言うと、リスニング>語彙のボキャブラ>スピーキングだと思います。

 

語彙のボキャブラが終わりが無いと思いますが、ここでは日常でよく使う語彙レベルと考えてください。

 

ですので、あなたが英会話初心者(英語が十分に聞き取れない)のであれば、まずはリスニング教材を購入してください。

 

お金に余裕があるのであれば、同時に日常でネイティブが使うフレーズを覚えられるようなフレーズ集を購入してフレーズも覚えてください。

 

まずはこの2種類の教材からはじめちゃって問題ありません。

 

一応補足しておきますが、英語が聞き取れるならリスニング教材なんて買う必要はありませんからね。

 

そういう人は自分に足りない部分を自分で把握して、必要な教材を買うしかありません。

 

リスニング教材と英語のフレーズ

 

リスニング教材から始めるのが正解なのは分かった。
でも実際のところ、何を購入していいか分からない。

 

そしてお金も時間も無いという人のために私のオススメ教材をご紹介します。

 

まずは、リスニング教材から行きましょう。

 

オススメなのは英語リスニング教材のリスニングパワーという教材です。

 

この教材はいろんなページで紹介しているので、既に公式ページをみているかもしれませんが、とにかく安い♪

そしてリスニングと言っても「聞き分ける」ということにに特化しているというところがオススメです。

 

リスニング教材って、使えそうな英語のフレーズを毎日聞いてフレーズ丸暗記して「はい聞き取れるようになりました」ってスタイルが多いんですが、このリスニングパワーは違います。

 

完全に脳科学の角度から開発されている教材で、日本人が聞き取れないといわれている周波数(英語の周波数)を聞き取れるようにトレーニングする教材です。

 

正確には子どものころには英語の周波数帯が聞き取れていたのに、大人になって聞き取れなくなってしまったのでその能力を目覚めさせるというものです。

 

こどもが外国語をおぼえるのが早いのはこのあたりに秘密があったわけです。

 

そして、この教材は日本人の発音矯正の第一人者であるアメリカの言語学者が開発しているということで、非常に日本人向きに出来上がっています。

 

私もこの人のことは全く知りませんでしたが、有名人や大手企業を相手に英会話を教えているので、知る人ぞ知る有名人かもしれません。

 

日本人が開発しても、日本人の英語の弱点を詳しく知らない英語ネイティブが開発してもダメっぽいですが、このスコットペリーという言語学者は、日本人に絞って研究しているのでかなり信頼できると思います。

 

あなたも、英語が聞き取れる喜びを味わってください。
世界が変わりますよ。

 

それと、1つだけ補足をしておきたいのですが、私自身リスニングパワーにも足りない部分があると感じています。

 

それは、語彙のボキャブラリーに関してです。

 

おそらく中学高校とまじめに英語を勉強していた人は、すでにある程度の語彙をしっていると思うのですが、結構忘れてしまっていたりします。

 

リスニングパワーで英語の周波数帯が聞き取れるようになったとしてもその英語の意味が分からなければ会話はできません。

 

ちょっとおおげさに表現しましたが、リスニングパワーでリスニングを鍛えれば、英語は聞き取れるようになります。

 

洋画のDVDなどで試してみて欲しいのですが、英語が早口に聞こえなくなり、1つ1つの言葉が聞き取れるようになっています。

 

そのときに、中学高校でまともに英語の勉強をしていた人は、びっくりするぐらいの進歩を感じてテンションがかなり上がると思うのですが、英語だけ聞き取れるようになってしまった人は「聞き取れているのに意味が分からないという感覚」に陥ると思います。

 

その理由は、ネイティブが日常会話で使う語彙を十分に知らないからです。

 

「語彙」に関してだけはどうしても1つ1つ覚えていくしか道はありません。

 

面倒ですが、学生時代に英語の勉強をサボってしまった自分自身を恨むしかありません。

 

忘れてしまったという人は、ちょっと復習すれば思い出しますので、そう時間は掛からないと思いますが、どうせならコレがいい機会と割り切って、英語ネイティブが使うフレーズを扱った書籍やフレーズ集を購入して同時に勉強してしまいましょう。

 

2つのことなら何とか集中して勉強できると思います。

 

リスニングパワーは「聞くだけ」です。

 

フレーズ集は毎日少しずつ覚えれば、そんなに時間はかかりません。

 

もしあなたが、英会話中級者になりたければ、最低限このぐらいの努力は必要です。

 

英語のフレーズ集について

 

では次に、どのような英語のフレーズを覚えればいいのか考えてみましょう。

 

それは使いたい場面によって変わってくると思いますが、日常英会話がしたいと仮定するならば、ズバリ!「ネイティブが普段使っているフレーズ」に絞って覚えるのが一番いいと思います。

 

しかもダラダラと覚えるのではなく、「なるべく絞る」ことが大切です。

 

だって、ポイントを抑えて覚えないと、覚えることがたくさんになっちゃうじゃないですか。

 

そんなのオタクでもないかぎり続きません・・・

 

でも、絞るって言っても・・・・大丈夫です。

 

そんな人のために作られたフレーズ集というものが販売されていますので、それを購入すればいいだけの話です。

 

お金が無いという人は、時間が掛かると思いますが、本屋でフレーズ集を購入して自分で厳選するしかありません。

 

私も本屋さんで探してみましたが、フレーズ集ってトラベル英会話ばかりなんですよね。

 

しかも、日本人が作ったフレーズが多いので、注意が必要です。

 

「Twitter」で英語フレーズを検索し、実際にネイティブがどう使っているのかを見てみよう

「Twitter」で英語フレーズを検索すればリアルタイムで生きた英語が分かる

 

英語を勉強していると、誰もが思う疑問がいくつかあります。

 

twitter

 

「ネイティブってこのフレーズ本当に使っているの?」

 

これらの疑問は英会話教室に通っている人(オンライン受講も含む)やネイティブに知り合いがいる人であれば、ネイティブに直接聞けばいいだけの話かもしれませんが、ネイティブと接点のない人は、検索したり、本を読んだりして情報を集めるしかありません。

 

そんな人にオススメなのが、ソーシャルサービスを使って英語フレーズを検索する方法です。

このページではTwitterを使って検索してみます。

 

その方法は簡単!!

 

「Twitter」の検索窓に英語フレーズを入れて検索するだけです。

 

tw-mado

 

あまり長い英文をいれてしまうと、一致せずツイートが出てこないので、短めがいいですね。

句動詞、イディオム、熟語など決まりきった英語フレーズの一部を入れて検索してみましょう。

 

例えば、「Rain cats and dogs(どしゃ降り)」って・・・検索してみましょう。

 

私の予想以上に使われていることが分かりました。

 

しかもネイティブがつぶやいていることをリアルタイムに確認できるので非常に興味深いですね。

 

ネイティブってこのフレーズどんな場面で使ってるの?細かいニュアンスはどう?までは分かりにくいですが、ネイティブに使われてるということは分かります。

 

しかもネイティブのつぶやきは「生きた例文!!」どんどん読んで吸収しましょう。

 

Twitterでのつぶやきはネイティブに返信できる

 

「Twitter」を使っている人は、すでに知っていると思いますが、つぶやきには返信ができます。

 

相手が絡んでくれるかは分かりませんが、少なくとも、ネイティブがつぶやいたことに対してつぶやき返すことは可能です。

 

いろんな人に絡んでいれば、友人関係になれるかもしれません。

 

私は今のところ成功していませんので、可能性の話になりますが、運よくペンパルになってくれるようなネイティブが見つかれば、無料で英会話の学習が可能です。

 

仲良くなれば、電話だってできるかもしれません。

 

これって現実的ではないのでしょうか?

 

いつか成功させて記事にできれば思っています。

FaceBookのほうがいいかも知れませんね!!

英会話教材では無く、英会話学習の方法をお金で買うのもアリ

時間を買うことも必要

 

英語に限らず、語学を習得するというのは結構大変なことだと言うのは、だれでもなんとなく分かっていると思うのですが、少しでも早くできるようになりたいというのが、私たちの願望です。

zikan

私自身もそうでしたが、毎日面倒な暗記作業や、文法の理解など進んでできるもんでは無いと思います。

簡単に、少しでも短期間で、できれば無料で、最悪お金が掛かっても小額で英会話ができるようなスーパー教材を捜し求めています。

 

そして、そのことを知っている英語講師や言語学者達が独自のメゾットを開発して世の中に出していくわけですが、「高額」な上に、受講期間は「あくまでも目安」であり、販売ページの下の方に小さな字で、「個人差があります。全ての方に効果があることを保障するものではありません。」なんて書いてあるのが現状です。

 

確かに人それぞれ、千差万別なのでクレームのつけようもありませんが、世の中には英語リスニングを鍛えるとか、フレーズを覚えるとか、スピーキングを鍛えるというものではなく、英会話を少しでも早く身につけるための勉強方法というものが販売されています。

 

それは、本屋さんで見つかるものもあれば、ノウハウ本といってインターネットでしか販売されていないものも存在するのですが、英会話を少しでも早く身につけるための勉強方法という「情報」をお金を出して購入するわけです。

 

ただの情報を購入するわけですから、それを買っても英会話ができるようにはなりません。

 

こうすると、最短で英会話ができるようになる。

 

というノウハウ(方法)が書いてあるだけです。

 

私は英会話の勉強を始めるとき、どのように勉強を進めていこうかなんて考えてもいませんでしたので、「あの英語教材がいいらしい」とか、「~するだけで英語が話せる」とか、そんな情報を頼りに英会話教材を購入してただ漠然とこなすだけの毎日でした。

 

面倒なことを考えずに、ただその英会話教材だけをこなせば、英語ができるようになると思い込んで流れ作業のようにこなしているだけでしたので、正直言ってほとんど進歩が感じられませんでした。

 

今考えれば当然ですが、購入した英会話教材にも「より効果的な受講方法」があった訳なのですが、そんなことも気づかずにどんどんモチベーションだけが落ちていきました。

 

そんなときに、先ほど紹介したような「最短で英会話ができるようになる方法」のような、情報を購入してみました。

 

こんなことにお金を出すなんてもったいないとも思いましたが、だまされたと思って思い切って購入して見て、「何も考えないで勉強するよりは、こういうことを知っていたほうが圧倒的に早いな!!」と思いました。

 

私の購入したものは、本屋さんで1300円で購入できるようなものではなく、ちょっと高いものでしたが、「時間を買う」という意味ではこれもありですね

 

ここで、そういうものをオススメしている訳ではありませんが、あくまでも番外編として、実力が伸び悩んでいたり、どうすればいいのかわから無くなってしまった人は、こういうものを読んで見ると、またモチベーションが上がったり、自分の知らなかった勉強方法を知ることができたりして、新鮮な気持ちで英会話学習ができるようになるのでアリといえばアリです。。

 

私の購入したものは結構納得のできるようなことが書いてありましたね。

 

実際にその方法を取り入れて、勉強しています。

 

探せば、本屋さんでこういうこと書いてある本があるかもしれませんので、頑張って探してみてください。

私は本屋さんで見つけられませんでしたが、大きな本屋さんならあったのかもしれませんね。