ネイティブに近い綺麗な発音で英語を話したければ、腹式呼吸を覚えることは必須事項です。

fukushiki

英語は日本語と違って、息をたくさん出して反す言語です。

 

何かの本か、どこかのサイトでも読んだことがあるのですが、英語圏の子どもは親にこんな感じのことを言われるそうです。

 

誕生日の一場面:ろうそくの火が消せるようにならないと、言葉が話せるようにならないよ!!

うろ覚えで申し訳ないのですが、確かこんな言い回しだったと思います。

 

つまり、息を強く出せるようにならないと、英語は綺麗な発音が出来ないということです。

 

もし、あなたが英語のフレーズを聞き流すような英語リスニング教材をもっているなら、息使いに注意して聞いてみてください。

 

異様に息を強く吐いて発音しているところを見つけることが出来るはずです。

 

ということで、実践に向けて腹式呼吸をマスターしておきましょう!!

 

日本人はあまり腹式呼吸をしないので、少し練習が必要です。

 

ヨガとかをやっている人は簡単かもしれませんね!!

 

まずは、お腹にてをあてて・・・と文章で説明してもいいのですが、分かりにくいと思うのでyoutubeで動画を見つけておきました。

 

本当は、動画をこのページに貼りたかったのですが、著作権の関係上リンクにしておきますね!!

 

いくつか見てみましたが、この動画が一番分かりやすかったです。

 

 

日本語と英語では呼吸のしかたまで違っていたんですね!!

 

これを意識して発音するようにすると、結構英語の発音がうまくいきます。

 

あとは、英語リスニングの際にネイティブの息使いをよーく研究してみてください。

 

息を強く吐いているアルファベットに気づくはずです。

 

あともう1つ

 

英語は日本語ほど息継ぎが多くありません。

 

これも呼吸法が違うからなのでしょう!!