ESL(第二言語としての英語)と割り切る勇気

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

遅ればせながら今回はこのサイトの名前にもなっているESL(English as a second language)第二言語としての英語という考え方に関して書いてみようかと思います。

ESLは英語を母語としない人たちが話す英語のことをさします。

つまりは、非ネイティブの国の人が話す英語ということになるので、発音や文法という意味では綺麗な英語よりはあいてとコミュニケーションをとるための手段として使う英語ということになります。

結局のところ、大人になってしまうとその国の発音の訛りは消えませんし、文法だって全て覚えていたら大変じゃないですか!!

だから、なまっていてもいいし、文法だって間違ったっていいじゃんという感じで勉強していくのがベストだと思います。

語彙に関しても、1500語ぐらいの単語だけでほとんどの会話は話すことができると言われています。

有名な英英辞典でロングマンという辞書があるのですが、この辞書は定義用語彙2000語で定義と書かれています。

つまり、2000語の簡単な単語だけで説明してるということなのですが、2000語で辞書ができるわけですから少なくとも1500~2000語の語彙を覚えればある程度の説明が英語でできることになります。

で、結局のところ何が言いたいのかというと、私たち日本人は英語を第二言語として勉強するわけですから、完璧を求めずに相手に伝わればいいという精神で英会話の学習にのぞんでいきましょうよということです。

残念ながら、大人になってから英語をはじめても、かなりの確率で日本語訛りは消えません。

おそらくネイティブが聞けば、英語圏の人間ではないことがすぐに分かるでしょう。

でも全然いいじゃないですか。

話せれば。

日本人は完璧を求める人が多い傾向にあるので、「この文法間違ってないかな・・・」「この発音で通じるかしら・・」など、ネイティブでもないのにそんなことばかり考えてなかなか積極的に話せない人が多いです。

せっかく知っている英語も、声が小さくなってしまっては相手は聞き取れません。

間違ってたっていいじゃないですか。

失敗を恐れて話さないほうが恥ずかしいです。

英語は話してこそ覚えます。

ですので、スピーキングをしないで英語の上達はありません。

文法も同じです。

文法ばかり勉強して完璧に覚えても、実際の会話と結び付けて使ってみなければとっさに言葉など出てきません。

英語教材を選ぶ際も、初心者のうちはスピーキング重視の教材を選んでどんどんスピーキングをしましょう。

どうせ英文法の勉強をするわけですから、最初は内容など何だっていいです。

とにかく、英語のリズムに慣れ、音節を知り、リエゾンやウィーキング、フラップなどの音の変化、ストレスなど、しっかりと身に着けながらとにかく話しまくって英語を話すときに口が回るまでとにかく音読をしましょう。

その際、必ずネイティブのキレイな発音をしっかりと真似するということだけは約束してください。

しっかり音を真似しないと、意味がありませんから。

ちなみに、音読はリピーティング、オーバーラッピング、シャドーイングの順に難しいので、1つずつ順番に、しっかりと発音を確認しながら行ってください。

素材は何でもいいですが、音読本では有名な絶対音読シリーズ、初心者でもシャドーイングができるスピーキングパワーや最近でいうと主人公になりきって音読するプライムイングリッシュ、スピーキング重視の教材スピークナチュラルなどを使うといいと思います。

音読は様々な効果があるので、何度も繰り返し行うことで英語力を上げてくれます。

同時通訳者は常にシャドーイングをしています。

実は、このシャドーイング、プロの同時通訳者たちが、普段から英語力をブラッシュアップするために実践しているという効果抜群の学習法なのです。
何が効果抜群なのかと言うと、シャドーイングをすると、スピーキング力、リスニング力、発音が全て同時にメキメキ上達するのです。

引用元:https://www.english-language-lesson.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*